AGA治療には保険は適応されますか?

AGA治療には保険は適応されますか?

 

A: いいえ、適用されません。

 

AGA治療は日常生活に支障をきたすものではないとみなされるため、自由診療となり健康保険は適用されません。

 

しかし病気が原因の脱毛症(円形脱毛症など)には保険が適用されます。またAGA治療でも医療控除の対象になる場合もあります。

 

AGA(男性型脱毛症)による薄毛や抜け毛は病気とみなされています。

 

だからこそ専門の外来もあり、薬も処方されるわけですが、生命に関わるような、また健康状態に悪影響を及ぼすものではないため保険適応医療には当てはまらないとみなされています。ED治療やレーシック手術と同じ、というわけです。

 

自己負担だからこそクリニックごとの特色がある

 

保険診療の場合は自己負担3割で治療を受けることができますが、診察や投薬に様々な規制がありどこの病院にかかっても同じような診療内容、薬の値段となります。

 

それとは反対に保険が適用されない診療は「自由診療」と呼ばれ、診察や投薬に様々な規制がないため病院、クリニックによって異なる特色が出てきます。治療の種類や値段に関しても大きく異なります。

 

ですからAGA治療で、どこのクリニックにかかるか、どんな治療法を選ぶのかということはとても大切になってきます。どんな治療をしているのか、診療実績、値段などをよくリサーチするのが得策です

 

自分専用のオーダーメイド治療

 

AGAの治療方法というと、フィナステリドミノキシジル、自毛植毛、メソセラピー、HARG法などがあります。AGA専門クリニックであればしっかりとした検査をして患者に合わせたオーダーメイドの治療を組み合わせてくれます。

 

一般病院はAGA専門クリニックよりは安価に済みますが、フィナステリド、ミノキシジルの処方で終わってしまうことが多いです。

 

治療負担を軽くするには

 

AGA治療には保険が効かないということは、全額負担となり治療費が高額になるということになります。なんとか安く治療を受ける方法はないのでしょうか?

 

いくつかの方法をここでご紹介します。

 

まず、AGA治療薬のフィナステリド、ミノキシジルにはジェネリック薬があり、同じ効き目で安く購入することができます。ジェネリック薬を処方してくれるAGA専門クリニックもあります。

 

ジェネリック薬は個人輸入でも購入できますが偽物ではなく正規品をきちんと入手できるように信頼できる輸入業者から購入することが大切です。

 

さらにAGAにかかるリスクを遺伝子検査する方法があります。血液検査、口内粘膜採取、抜毛などで検査します。クリニックで行う方法と自宅で検査キットを使って行う方法があります。

 

もし抜け毛、薄毛があってもAGAでなければ、別の治療方法を選択する必要があります。遺伝子は変わることがないので検査は1回受ければ十分です。

 

AGAクリニックにはモニター制度といって体験談や治療部分の写真を公開することでお得な価格で施術を受けることができます。

 

病気が原因なら保険が適用される

 

抜け毛、薄毛の治療に保険が効くのはどんな場合でしょうか?

 

円形脱毛症、脂漏性皮膚炎、粃糠性(ひこうせい)脱毛症、甲状腺ホルモン異常などで抜け毛が起こる場合です。つまり皮膚の疾患、ホルモンの異常が原因の抜け毛治療は保険が適用されます

 

AGA治療であっても税務署が認めた場合は医療控除が受けられる可能性もあります。

 

診察の領収証、診断書、処方箋をきちんと保管して税金の無料相談で確認してみると良いでしょう。

 

 

育毛Q&A:目次

 

関連情報:次はこちらへ!
タバコとお酒は育毛に影響がありますか?

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤