育毛と増毛の違いは何でしょうか?注意点は?

育毛と増毛の違いは何でしょうか?注意点は?

 

A: 育毛とは読んで時のごとく自分の髪の毛を育てること、増毛とは現在ある自分の髪の毛に人口毛を巻き付けたりして見かけ上髪が増えたように見せることです。

 

自分の髪の毛を大切に育てるのが育毛

 

育毛は様々なアプローチ(食生活サプリシャンプー育毛剤育毛サロンなど)で頭皮環境を整え、今ある自分の髪の毛を健康に保ち抜けにくくすることを指します。

 

様々なアプローチの効果は個人によって異なりますし、何を持ってすれば確実に育毛ができるのかということは不明です。例えば育毛剤を使用する場合、3ヶ月から半年は継続しなければ効果が実感できない場合が多いのです。
つまり「即効性がない」ということになります。

 

人工毛で見た目を増やすのが増毛

 

一方増毛には即効性があります。

 

一昔前の「かつら」とは異なり、増毛は増毛サロンで施術を受けることにより自分の髪に人口毛を巻き付けたり頭皮に特殊なフィルムを被せて人口毛を貼り付けたりするなど様々な方法があります。そして増毛はすぐに髪のボリュームアップができ、好きなヘアスタイルを楽しむことができます

 

増毛のカテゴリで、スプレーや特殊繊維素材をふりかけることにより薄毛をすぐに目立たなくできる方法もあります。

 

どちらもお金がかかるのがネック

 

注意点ということで言えば、育毛は自分の髪をじっくり育てていかなければならないので時間がかかりその上確実性がないことが問題です。

 

育毛剤なら月に1万円以下で続けることができますが、育毛サロンに定期的に通うのはお金がかかります。

 

増毛について言えば、増毛サロンでの増毛にはお金がかかります。結毛式、粘着式、編み込み式など方式によっても異なりますが、相場で1000本5万円くらいです。

 

増毛してそれで終わりではなく月々のメンテナンスも必要です。メンテナンスには月2万円くらいかかります。それで年間では約30万円くらいかかることになります。

 

増毛は自毛に負担を掛けることになる

 

増毛には人工毛を巻きつける自毛にも負担がかかり抜けやすくなるリスクもあります。

 

増毛に関してはCMなどでみんな知っている会社からそうでないところまでたくさんの会社がありますので、きちんと比較検討してみることが必要です

 

もちろんスプレーや特殊繊維素材をふりかける方法ですと安価ですみますが、一過性の効果しか得られません。

 

育毛と増毛にはそれぞれここで示したようなメリット・デメリットがあります。それぞれのメリット・デメリットをよく理解してお財布とも相談しながら取り組んでいくことが大切と言えますね。

 

 

育毛Q&A:目次

 

関連情報:次はこちらへ!
女性の育毛にはどんなことが効果的ですか?

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤