自分がAGAかどうかを判断する方法はありますか?

自分がAGAかどうかを判断する方法はありますか?

 

A: はい、あります。セルフチェックによる方法とクリニックを受診する方法があります。

 

AGAには特徴があります。その特徴を知れば自分がAGAかどうかを判断することができます。

 

AGAと判断できればAGAの治療を開始しやすくなります

 

AGAかを自分で調べる方法

 

自分がAGAかどうかは、どのように薄毛になってきているかで、ある程度分かります。

 

額の生え際(左右の生え際から)、前頭部(額全体から)、頭頂部(てっぺんから)といったパターンです。

 

他にも髪の毛が細くなったり柔らかくなってきた、頭皮が透けて見える、家系的に薄毛が多い、朝起きると枕に抜け毛が目立つなどもAGAの特徴と言えます。

 

もう少し詳しくセルフチェックしたい方は以下のサイトを利用してみましょう

 

世界的な製薬会社である「メルク・アンド・カンパニー(MSD)」が監修しているので安心できます。
http://www.aga-news.jp/secure/self_check/index.xhtml

 

専門のクリニックで診てもらう

 

セルフチェックは手軽に自宅で簡単にできますが、もっときちんと調べたい、という方にはクリニックへの受診がお勧めです。

 

特に専門のAGAクリニックは経験豊富な専門医が在籍しているので安心です。

 

無料カウンセリングを行っているAGAクリニックが多いので、まず専門スタッフに自分の症状の説明や治療とかかる費用についての相談をすることができます。

 

ただし無料カウンセリングは、専門スタッフに会うのであって、医師と会うわけではありません。

 

医師に会ってAGAと診断してもらうのは診察になりますので、診察料がかかります。

 

問診と視診でAGAか診断される

 

医師はどのように診察するのでしょうか?

 

「問診」と「視診」が主となります。

 

問診は専門スタッフが行う場合が多いです。

 

AGAの場合「家族歴」が重要になってきますので家族歴のことを聞かれる場合が多いでしょう

 

特にAGAと診断する明確なガイドラインはないので医師が視診によってAGAの特徴を見つけ、判断することになります。

 

他に拡大鏡で観察したり、血液検査や遺伝子検査を行う場合もあります。

 

AGA治療は「自由診療」ですので、かかる費用はクリニックによって異なりますが、「初回診察」に2,000円〜3,000円、血液検査には5,000円〜20,000円くらいかかります。

 

遺伝子検査なら薄毛が始まる前から分かる

 

若いうちから自分がAGAになりやすいかどうかを判断したい、という場合には「遺伝子検査」がお勧めです。

 

AGAクリニックで行っているところもありますし、インターネットやドラッグストアで販売されている「遺伝子検査キット」を使用して自宅で行う方法もあります。

 

「遺伝子検査キット」は口内粘膜などを採取し郵送で送れば約1ヶ月後に結果が帰ってきます。費用は10,000円〜20,000円位です。

 

遺伝子検査の良いところはAGAのリスクを予め知り、早期に治療を開始できる点にあります。つまり薄毛が始まらなくても開始することができるわけです。

 

AGAの治療は早ければ早いに越したことはありませんので治療効果も格段に上がります

 

遺伝子は変わることがないので検査は1回受ければ十分です。

 

しかし遺伝子検査も万能ではありません。AGAのリスクが低いからと言って食生活や生活習慣を乱すことがないようにしましょう。

 

AGAは遺伝だけではなくて生活習慣も大きく関わってくるからです

 

 

育毛Q&A:目次

 

関連情報:次はこちらへ!
ストレスと抜け毛は関係あるのでしょうか?

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤