育毛剤のお勧めはありますか?

育毛剤のお勧めはありますか?

 

A:はい、このページでは育毛剤を選ぶコツをご紹介します。さまざまな育毛剤が発売されていますので「自分に合った」ものを選ぶことが大切です。

 

育毛剤を試してみたものの、せっかくお金をかけたのに効果がなかった、といった声をよく耳にします。

 

自分に合った育毛剤を選ぶコツというものはあるのでしょうか?

 

まず育毛剤には医薬品としての「発毛剤」医薬部外品としての「育毛剤」、そして「化粧品」という分類があります。

 

はっきりと効果が実証されているのが「医薬品」

 

医薬品である発毛剤は医薬品の規格基準書「日本薬局方」に載せられているものであり、はっきりと発毛効果、抜け毛予防効果があることが証明されているものです。

 

発毛剤では「ミノキシジル(商品名:リアップ)」、内服薬として「フィナステリド(商品名:プロペシア)」があります。医薬品であるため、効果が強く出ます。

 

様々な副作用のリスクもありますのでよく理解した上での使用が大切です。

 

有効成分が含まれても穏やかな作用なのが「医薬部外品」

 

一方「医薬部外品」としての育毛剤には厚生労働省に効果が認められた有効成分が一定量含まれています

 

作用が穏やかなのではっきりと発毛効果があるとはみなされておらず、保湿や頭皮環境の改善による育毛効果が期待されます。

 

医薬部外品は作用が穏やかであるため副作用の心配はそれほどありませんが、人によってはアルコールなど、アレルギーが起きる可能性のある成分が育毛剤に含まれていることもありますので十分注意しましょう。

 

効果が認められた有効成分は入っていない「化粧品」

 

「化粧品」とみなされる育毛剤は厚生労働省に効果が認められた有効成分が入っていない育毛剤で、整髪料と同じ扱いになります。

 

しかしまだ厚生労働省に認められていないものの、注目の新しい育毛成分が入っていたりするので効果がないとみなすことはできません。

 

AGAかどうかが分かれ道

 

育毛剤を選ぶときに、薄毛の原因がAGAによるものなのか、それとも生活習慣の悪化によるものなのかというところを見極めることも大切です。

 

薄毛の原因がAGAによるものであれば医薬品としての発毛剤を使用したほうが良いでしょう。薄毛の原因がAGAではない場合、また初期のAGAであれば医薬部外品の育毛剤を使って頭皮環境を整えるのが良いでしょう。

 

長く使うものだから安全性を気にしたいですね

 

育毛剤を選ぶには安全性や評判といったところも確かめたいものです。

 

安全性という点ではアレルギー体質の人はアレルギー成分がないかどうか成分表で確認する必要がありますし、使い始めてみて合わなかったということもありますので、全額返金保証付きの育毛剤ならリスクを回避できるので安心です。

 

使い始めたなら、効果が出るまで3ヶ月以上はかかりますので、実際に3ヶ月以上じっくり試してみることが大切です。

 

育毛剤の金額的にも続けられることが大切です。

 

有名だから、CMを多く流していて親しみがあるからといった理由で育毛剤を選ばないようにしましょう。

 

こちらのページでは、お勧めの育毛剤をランキング形式でご紹介しています。

 

実際に取り寄せて使用した上での評価を載せていますので参考になると思います。

 

 

育毛Q&A:目次

 

関連情報:次はこちらへ!
頭皮が痛いんですが何が原因でしょうか?

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤