アレルギー体質ですが、育毛剤は大丈夫でしょうか?

アレルギー体質ですが、育毛剤は大丈夫でしょうか?

 

A: 育毛剤の成分表を見て、自分にとって問題がある成分が含まれていないか確認しましょう。育毛剤の使用前にパッチテストを行いましょう。

 

医薬品である発毛剤の場合(育毛剤と言われることがあります)発毛の効果が医学的に認められているため、効き目も強く出ます。その結果アレルギーまたは副作用が出ることはあり得ます。

 

医薬品のミノキシジルはそのものに対してかゆみ、赤みなどの反応が出ることがありますが、ミノキシジル自体水に溶けにくいためアルコールなどの溶剤を使って液状にしています。そのアルコールにアレルギー反応してしまう人もいます。

 

パッチテストで反応を見てみる

 

育毛剤はほとんどが医薬品ではなく医薬部外品です。

 

医薬部外品の効き目は医薬品に比べて穏やかであると言われていますが、アレルギーが出ないかどうか注意に越したことはありません。

 

アレルギー症状は湿疹、かゆみ、赤み、炎症などに現れます。

 

ですから育毛剤を使うときはパッチテストをお勧めします

 

ダメージの少ない腕の内側などに育毛剤を塗布して、そのような症状が出ないかどうか確認すると良いでしょう。特に自分は肌が弱い、アトピー体質であるという方はなおさらです。

 

アレルギー反応がある場合、1〜2日くらいで反応が出てきます。

 

アルコール成分や添加物をよく確認しよう

 

育毛剤の成分の中でアレルギー反応を注意した方が良い成分はあるのでしょうか?

 

その一つが前述のアルコールです。

 

アルコールは育毛剤の成分をブレンドしやすくしますし殺菌効果もあります。スーッとした清涼感もあります。

 

しかしアルコールは蒸発の時に肌から水分を奪いますので肌の乾燥が進んでしまいます。よく手をアルコールジェルで消毒した時に手が乾燥しませんか?それと同じです。

 

頭皮の乾燥は育毛の敵です。薄毛や抜け毛につながります。

 

またアルコールには殺菌効果がありますが、頭皮にとって必要な常在菌を殺すこともあります。

 

ほかにも防腐剤であるパラベン、保湿成分グリセリン、メントール、イチョウ葉エキスにでアレルギー反応が起きる人がいます。

 

アレルギー体質の方には返金保証のある育毛剤がお勧め

 

せっかく効果な育毛剤を購入してもアレルギー反応が起こってはお金の無駄ですし、無理に使い続けると皮膚を傷めてしまいます。

 

その点、返金保証の育毛剤だとアレルギー反応があっても連絡すれば育毛剤を送り返して返金してもらえるので安心です。

 

またアレルギーがひどく育毛剤を続けられない場合は、育毛剤以外の方法を考えることも必要です

 

例えばシャンプーをアミノ酸系のような低刺激のものに変えるとか、生活全般を見直すなどです。

 

 

育毛Q&A:目次

 

関連情報:次はこちらへ!
育毛剤をつけたあとの頭皮マッサージの効果的な方法はありますか?

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤