育毛剤の男性ホルモン抑制成分

育毛剤の男性ホルモン抑制成分

男性の抜け毛・薄毛の原因の95%がAGAによるものだということが明らかになっています。

 

AGAはなぜ起こるのかというと、男性ホルモンであるテストステロンが血中を流れ、頭皮にある酵素の一種「5αリダクターゼ」と結合し、DHTという成分を作り出します。

 

このDHTは「ジヒドロテストステロン」の略で、発毛を抑制する物質となります。

 

それで、5αリダクターゼを抑制すれば、AGAが起こらないというメカニズムになります。

 

医薬品の育毛剤フィナステリド

 

5αリダクターゼを抑制する成分、それは「フィナステリド」になります。

 

日本では「プロペシア」という製品名の医薬品、つまり医師の処方によって飲むタイプの薬です。

 

フィナステリドは日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでは「A」(行なうよう強く勧められる)とあります。

 

その分効果を期待できるわけですが、一方で医薬品のフィナステリドは副作用が気になるという声も多くあります。

 

あるいは、病院に行く前に自分でいろいろと育毛剤を試してみたい、という方もいることでしょう。

 

その他の育毛剤の成分は効かないのか?

 

では、一般の育毛剤に配合されている天然の成分で、AGAを抑える働きがあるものはあるのでしょうか?

 

5αリダクターゼの働きを抑える成分としては、オウゴンエキスがあります。

 

名前のように黄金から作られているわけではなく、コガネバナというシソ科の植物の根を乾燥させたものをオウゴンといい、そこからから抽出したエキスをオウゴンエキスといいます。

 

漢方薬に使われますが、発毛にも良いことが知られています。

 

ほかにも同様の働きをするものに冬虫夏草エキス、ホップエキス、フラボステロン、エストラジオールなどがあります。

 

中でもフラボステロンは、大豆から抽出した成分でイソフラボンが含まれており、イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをします。

 

女性ホルモンは発毛、育毛をつかさどりますので、発毛を阻害する男性ホルモン由来の物質を抑制することができます。

 

5αリダクターゼを抑制する成分にはほかに、ノコギリヤシがあります。

 

ノコギリヤシは前立腺系の病気に大変効果があり、さらにアメリカの先住民たちが摂取していたことで知られ、先住民たちに薄毛が少ないということから研究が進み、発毛効果があることがわかってきました。

 

ノコギリヤシは、育毛サプリメントの代表的な成分として配合されていますので、そうした育毛サプリを飲むことで摂取できます。

 

育毛剤の成分についてさらに知りたい方は!
育毛剤の血行促進成分

 

本当に満足度の高い育毛剤はコレ!
男性用育毛剤ランキングはこちら

 

女性向け育毛剤ランキングはこちら

 

 

育毛剤の男性ホルモン抑制成分関連ページ

育毛剤の血行促進成分
育毛剤の重要な成分である血行促進成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の抗酸化成分
育毛剤の重要な成分である抗酸化成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の抗脂漏成分
一部の育毛剤に配合されている抗脂漏成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の抗菌・消炎成分
多くの育毛剤に配合されている抗菌・消炎成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の角質溶解成分
多くの育毛剤に配合されている角質溶解成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の保湿・皮脂抑制成分
多くの育毛剤に配合されている保湿成分・皮脂抑制成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤