育毛剤の抗菌・消炎成分

育毛剤の抗菌・消炎成分

育毛剤の成分として、抗菌・消炎を謳う成分が入っていることがあります。

 

抗菌・消炎成分にはどんな働きがあるのでしょうか?そして、抗菌・消炎と育毛、発毛にはどんな関係があるのでしょうか?

 

抗菌・消炎成分の働き

 

育毛剤の成分には、発毛を促す成分と、発毛を邪魔するものを取り除く成分とがあります。

 

抗菌・消炎は、後者のほうです。

 

抗菌成分自体に発毛効果はありませんが、頭皮を清潔にし、発毛をしやすくする環境を整えます。

 

頭皮は汗と皮脂が溜まりやすく、知らず知らずのうちに細菌が発生します。これはどんな人でも起こることです。

 

しかし薄毛・抜け毛に悩む人にとっては、この細菌が毛穴に入り込み、炎症を起こすことによって抜け毛・薄毛の状態をさらに悪くしてしまうことがあります。

 

育毛剤に含まれている抗菌・消炎成分は、頭皮の細菌を抑え、炎症を起こりにくくします。

 

抗菌・消炎成分の種類

 

具体的にはどんな成分があるのでしょうか?

 

イソプロピルメチルフェノール、ヒノキチオールといった成分が代表的です。

 

イソプロピルメチルフェノールは高い抗菌作用と制菌作用で知られる成分で、ニキビケアの化粧品にも使われています。

 

ニキビの原因であるアクネ菌や、背中ニキビの原因であるマラセチア菌を減らすことができます。抗真菌(防カビ)作用も持っています。

 

効果が強い分、皮膚、粘膜への刺激が強いため、もし異常を感じたら使用を中止しましょう。

 

ヒノキチオールは、その名の通りヒノキからの樹脂抽出成分です。

 

ただ日本のヒノキにはヒノキチオールは含有されておらず、台湾のヒノキに含まれているそうです。

 

ただ日本のヒノキの仲間である青森ヒバには含まれていることから、国産でもヒノキチオールは取れます。

 

ヒノキチオールには抗菌・消炎作用もさることながら毛母細胞を活発にする成分も含まれていることがわかり、研究が進められています。

 

昔から、ヒノキを伐採する仕事をしている人は薄毛になりにくい、また、ヒノキは家屋に使われると腐敗が少ないといったメリットが知られていました。

 

ヒノキチオールも多量に使用すれば問題がありますが、用法用量を守れば問題はなく、育毛剤に配合されている量でしたらまず問題はないでしょう。

 

さらに、グリチルリチン酸ジカリウムという成分も抗菌、消炎効果があります。

 

この成分の名前は歯磨き粉に配合されているものとして認知されていますね。

 

育毛剤を選ぶ時は、このような抗菌・消炎成分を確認するとよいでしょう。

 

育毛剤の成分についてさらに知りたい方は!
育毛剤の角質溶解成分

 

本当に満足度の高い育毛剤はコレ!
男性用育毛剤ランキングはこちら

 

女性向け育毛剤ランキングはこちら

 

 

育毛剤の抗菌・消炎成分関連ページ

育毛剤の男性ホルモン抑制成分
薄毛・抜け毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑える育毛剤の成分について解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の血行促進成分
育毛剤の重要な成分である血行促進成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の抗酸化成分
育毛剤の重要な成分である抗酸化成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の抗脂漏成分
一部の育毛剤に配合されている抗脂漏成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の角質溶解成分
多くの育毛剤に配合されている角質溶解成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の保湿・皮脂抑制成分
多くの育毛剤に配合されている保湿成分・皮脂抑制成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤