育毛剤の血行促進成分

育毛剤の血行促進成分

このページでは、育毛剤の血行促進成分について取り上げてみたいと思います。

 

育毛剤の血行促進成分は、育毛剤の成分の中で非常に大切なもので、ほとんどの育毛剤に配合されています。

 

育毛剤に配合される血行促進成分の働き

 

血行促進成分はなぜ大切なのでしょうか?

 

体の隅々まで栄養分を運ぶのは血液の役割です。

 

血液は、髪の毛を作る場所である頭皮の毛母細胞に栄養分を運びます。

 

血行が良くなれば、毛母細胞に栄養が十分にかつスムーズに運ばれることになります。

 

特に体の末端部分の毛細血管の血行は色々な影響を受けやすく、血行が悪くなることも容易です。

 

血行が悪くなると髪の毛の生育が弱くなり、細くて元気のない髪が生えてくることになります。

 

やがて髪の毛は抜け落ち、薄毛が広がることになります。

 

育毛剤に配合される血行促進成分

 

では育毛剤にはどんな血行促進成分が入っているのでしょうか?

 

まず、血行促進成分の代表格は、医薬品に分類される「ミノキシジル」です。

 

ミノキシジルは日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでは「A」(行なうよう強く勧められる)とあります。

 

ミノキシジル配合の育毛剤といえば国内では「リアップ」になります。ミノキシジルは医薬品としてその発毛効果が臨床的にも証明されています。

 

「リアップX5」にはミノキシジルが5%配合されており、国内では最も高い濃度となっています。

 

その次に医薬品として配合されている成分は「塩化カルプロニウム」です。

 

塩化カルプロニウムは「カロヤン」シリーズに配合されており、局所血管拡張作用があります。

 

カロヤンガッシュは2%の、また医師の処方箋が必要な「フロジン液」には塩化カルプロニウムが5%配合されています。

 

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでは「C1」となっており、「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」とあります。

 

塩化カルプロニウムは、ミノキシジルに比べると効果が弱いということになりますね。

 

天然の生薬由来の血行促進成分

 

その他、主に医薬部外品の育毛剤に使用されている血行促進成分は主に天然の生薬です。

 

たとえば、トウガラシチンキ、センキュウエキス、ショウキョウチンキ、セファランチン、クララエキス、ハッカエキス、ニコチン酸アミド、ニコチン酸ベンジル、ビタミンE、ニンジンエキス、センブリエキスなどがあります。

 

最近、チャップアップやBUBKAという育毛剤に配合されて話題のM-034エキスというものがあります。

 

ミノキシジルに似た働きをすると言われていますが、成分は天然の海藻から取ったもので、副作用もなく安心です。

 

様々な会社が工夫をこらして、育毛剤の血行促進成分を開発しています。

 

ユーザー、リピーターが多い製品を選ぶとはずれがないと思います。

 

育毛剤の成分についてさらに知りたい方は!
育毛剤の抗酸化成分

 

本当に満足度の高い育毛剤はコレ!
男性用育毛剤ランキングはこちら

 

女性向け育毛剤ランキングはこちら

 

 

育毛剤の血行促進成分関連ページ

育毛剤の男性ホルモン抑制成分
薄毛・抜け毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑える育毛剤の成分について解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の抗酸化成分
育毛剤の重要な成分である抗酸化成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の抗脂漏成分
一部の育毛剤に配合されている抗脂漏成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の抗菌・消炎成分
多くの育毛剤に配合されている抗菌・消炎成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の角質溶解成分
多くの育毛剤に配合されている角質溶解成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。
育毛剤の保湿・皮脂抑制成分
多くの育毛剤に配合されている保湿成分・皮脂抑制成分について、その働きを解説します!育毛剤の働きを知って、賢く選びましょう。

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤