薄毛対策は市販のリアップだけで十分か?

薄毛対策は市販のリアップだけで十分か?

大正製薬から発売の「リアップ」シリーズは、成分にミノキシジルが配合されています。

 

ミノキシジルは、頭皮の血行を促進し、発毛を促す成分として医学的にもその効果が認められています。

 

リアップシリーズはミノキシジル1%の「リアップ」、ミノキシジル5%配合の「リアップX5」、女性向けの「リアップ リジェンヌ」があります。

 

いずれも頭皮に塗りこむタイプの育毛剤です。

 

さて、この医学的にもその効果が認められた「リアップ」シリーズですが、これだけで効果は十分なのでしょうか?

 

もちろん、薄毛、抜け毛の初期で、多少抜け毛が気になる程度でしたら十分かもしれませんが、より確かな効果を得るには不十分だと言えます。

 

リアップでは不十分と言えるのはなぜ?

 

なぜでしょうか?

 

それは「リアップ」シリーズの成分のミノキシジルは、発毛を促す働きがありますが、男性型脱毛症(AGA)の場合、発毛の邪魔をしてしまう男性ホルモンの成分DHTを抑えることはできないからです。

 

ですから、DHTを抑えるフィナステリド(プロペシア)を併用すると大変効果的です。

 

育毛、発毛の業界でよく言われるのが、「攻めのミノキシジル」「守りのプロペシア」です。

 

「守りのプロペシア」で発毛を妨げる要素を取り除き、「攻めのミノキシジル」で一気に発毛を促進する、というわけです。

 

プロペシアは、日本では医師の処方が必要な医療用医薬品に分類されていますので、AGA専門のクリニックなどで処方を受ける必要があります。

 

クリニックと言うと敷居が高いような気がしますが、プロペシアなどの処方だけであればそれほど高い費用はかかりません。

 

効果を期待したい人は、ぜひ検討してみることをオススメします。

 

個人輸入という手段もあります

 

プロペシアのジェネリックである「フィンペシア」という薬もあり、価格が安いので個人輸入する方も増えています。

 

ちなみに、リアップの話に戻りますが、日本では、「リアップX5」がミノキシジル5%配合の最も濃い製品になります。

 

これは、海外では「ロゲイン」という名前で広く流通しています。

 

また、ミノキシジルタブレットという内服薬があり、頭皮に塗るタイプよりは効果が高いと言われています。

 

加えて、ロゲインのジェネリックとして、コストコのブランドである「カークランド」また「ポラリス」という製品があり、より安く手に入ります。

 

ただし、海外製品の場合、使用は自己責任となりますのでご注意ください。

 

結論として、市販のリアップに加えてプロペシアを併用すると、より大きな発毛の効果があります。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
予算別 オススメ育毛法

 

プロペシアを処方してくれる良心的なAGAクリニックはこちら!
AGAクリニックランキング

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤