プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

プロペシアとは、米国メルク社が販売する男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。日本では万有製薬(現:MSD)により2005年から発売されています。

 

プロペシアには「フィナステリド」という成分が含まれており、男性ホルモンの影響によって起こる抜け毛・薄毛を抑制します。

 

そもそも「フィナステリド」は、前立腺肥大の治療薬として使用されていましたが、男性型脱毛症を改善させるはたらきがあることが発見され、AGA治療薬としても使用されるようになりました。

 

当然ながらプロペシアには男性ホルモンに起因しない脱毛症(円形脱毛症など)には効果はありません。

 

プロペシアの気になる副作用

 

AGAに悩む男性の救世主とも言うべきプロペシアですが、薬には副作用がつきものです。プロペシアにはどんな副作用があるのでしょうか?

 

プロペシアは、前立腺肥大の治療薬よりも低容量のため、特に重篤な副作用は少ないと言われていますが、それでも肝機能障害、性欲減退、勃起不全などの副作用が報告されています。

 

特に、プロペシアは性欲減退を招くという情報がかなり出回っており、この点を心配する人が多いようです。

 

性欲減退について心配するあまり、心因性のEDになる可能性もあります。

 

ただ、有効成分が含まれていないプラセボ(偽薬)を服用した場合でも副作用の発生頻度は変わらないとの報告があり、あまり気にしないでよいのかもしれません。

 

もちろん、報告されている副作用は生じ得るものだと考える必要があります。

 

服用中に異常を感じたらすぐ、かかりつけの医療機関に相談されることをお勧めします。

 

プロペシアの入手法

 

プロペシアは医薬品ですので医療機関で医師の処方箋なしには入手することはできません。

 

保険適用外の薬ですので値段はひと月に7,000〜1万円はかかります。

 

海外輸入という方法もありますが、すべては自己責任となり、個人輸入業者の中には効果のない薬を販売する悪徳業者もいますので注意が必要です。

 

プロペシアは即効性がある薬ではないので最低 6ヶ月は服用することを推奨されています。

 

また、プロペシアと同様、医薬品として男性型脱毛症に効果のあるミノキシジルとは薬理作用が異なるため、併用するのがより効果的と言われています。

 

服用するかどうかは個人の判断です

 

薬効を求めるのであれば、プロペシアは有効な手段になります。

 

ただ、プロペシアは副作用が怖いとお考えなら、「薬」ではない育毛用のサプリメントから始めてみるという方法もあります。

 

証明されている薬効がなくても、髪によいとされる多くの成分を配合したサプリメントも今では多数発売されています。

 

中には大変人気があり、評価も高い商品もありますので、試してみるのもよいでしょう。

 

関連情報:次はこちらへ!
対策2:ミノキシジル

 

副作用が怖いのでまずは育毛サプリメントを検討したいという方は
男性向け育毛サプリメントランキング

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤