薄毛家系だから心配!すぐできる対策は?

薄毛家系だから心配!すぐできる対策は?

昔から薄毛は遺伝すると言われており、父親が薄毛だと、自分も薄毛になるとか、母方の祖父が薄毛だと自分も薄毛になると言われてきました。

 

薄毛は本当に遺伝するの?

 

実は、遺伝による薄毛のメカニズムは十分に解明されていませんが、特にAGAの場合ですと、遺伝による影響が大きいと言われています。

 

父親が薄毛ではなくても母方に薄毛が多ければ薄毛の確率が高いというデータもあります。

 

よく男の子は母親に似ると言われますが、父親のY遺伝子よりも母親のX遺伝子のほうが影響が強いと言われますので、優先遺伝で薄毛が受け継がれていくようです。

 

では自分の周りの家族、親戚に薄毛が多い場合、もうそういう運命に生まれてきたと観念するしかないのでしょうか?

 

いえ、薄毛を防ぐ方法はいろいろあります。

 

AGAのメカニズムと遺伝の関係

 

まず、薄毛家系だという認識があれば、薄毛対策を早いうちから始められると思います。

 

AGAの原因は(ややこしいですが大事なところですので押さえてくださいね!)、

 

  1. 男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛物質に変化する
  2.  

  3. そのDHTに、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)が反応して脱毛が始まる

 

という仕組みです。

 

ここで、注目すべき点が2つあります。

 

5αリダクターゼという酵素、そして、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)です。

 

男性ホルモンであるテストステロンは誰もが持っているわけですが、5αリダクターゼとアンドロゲンレセプターの働きには個人差があって、これが活発な人ほど抜け毛が多くなります。

 

5αリダクターゼは父親と母親の両方から、そしてアンドロゲンレセプターは母親から優性遺伝すると言われています。

 

そこで、5αリダクターゼの働きを抑えられれば、抜け毛も減るということになります。

 

そこで「プロペシア」の登場です。

 

プロペシアとミノキシジルの働き

 

プロペシアに含まれるフィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害します。

 

そして、薄毛の原因となる酵素の働きを減らした上で、頭皮の血行を良くし髪の毛を生えやすくするのが「ミノキシジル」です。

 

日本では「リアップ」の名前で発売されています。

 

プロペシアとミノキシジルを組み合わせることによってAGAを治療していくのが、現在の薄毛治療の方法です。

 

ほかにもLED照射とかHARG法などの様々な方法が薄毛治療に使われています。

 

薄毛は遺伝だからと諦める必要はありません!薄毛も治療で治せる時代なのです。

 

関連情報:次はこちらへ!
ストレスで抜け毛が増えた!すぐできる対策は?

 

AGA治療のクリニック選びに失敗したくない方はこちら!
AGAクリニックランキング

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤