植毛ってどんな方法?

植毛ってどんな方法?

植毛とは、その名前の通り、髪の毛を頭皮に植えつけることです。

 

植毛は、抜け毛・薄毛対策の一つの方法として広告やテレビCMなどで世間的にも広く知られています。

 

また、イギリスのプロサッカー選手、ウェイン・ルーニーが植毛によって薄毛を改善した、というニュースも大きく伝えられています。

 

「植毛」という言葉は知っていても、具体的にどんなことをするのか、どのくらい費用がかかるのか、痛みはあるのか?など具体的には知らない、という方も多いことでしょう。

 

このページでは植毛の概要についてひも解いていきたいと思います。

 

植毛の特長は?

 

まず、植毛はある意味「必ず結果が出る」薄毛対策ということができます。

 

植毛は育毛剤などのように「使ってみたけど効果がなかった」というものではなく、ハッキリと目に見える効果が期待できます。

 

またカツラなどと異なり、急に髪の毛が増えた、という周りから見た不自然さもありません。

 

植毛は頭皮に毛を移植し、するという「医療行為」ですので、専門医師のいるクリニックでの施術が必要になります。

 

植毛に使う毛ですが、人工毛と自毛の2種類があります。それぞれに費用の面も含めてメリット、デメリットがあります。

 

人工毛と自毛の植毛については「植毛の種類」で詳しく説明しています。

 

植毛を行う2通りの方法

 

植毛の方法も主に2種類あります。

 

まず「自動植毛機」という機械を使用して頭皮に植毛をする方法です。

 

自動植毛機はコンピューター制御されていますが、各個人の頭の形にあわせた植毛というのはかなり難しく、髪の毛がうまく定着しなかったり、無駄が多くなったりします。

 

もう一つは「手植え」といい、プロの技術者が手動で植毛を行う方法です。

 

この21世紀にかなりアナログな方法ですが、プロの技術者の技術以外は最新のテクノロジーを使用しており、熟練の技術と最新テクノロジーが融合したものです。

 

植毛の歴史は?

 

植毛の歴史は古く、1930年代にまでさかのぼります。

 

植毛の技術は当初日本の研究者が開発しました。しかし第二次世界大戦以降、植毛の技術はアメリカで発展することになりました。

 

現在アメリカでは薄毛治療の50%が植毛によって行われています。薄毛治療大国アメリカですので要注目です。

 

AGAで失われた部分に植毛して、その部分がAGAになって抜けてしまうことはないのでしょうか?

 

その心配はありません。

 

移植片は元の場所の特性を保つからです。これをドナードミナントといいます。

 

AGAの影響を受けていない後頭部の髪の毛がAGAの影響をのちほど受けることはありません。

 

次はこちらへ!
自毛植毛と人工毛植毛の違いは?

 

※自毛植毛なら圧倒的No.1実績のココをまずご検討ください!
アイランドタワークリニック 公式サイトはこちら

植毛ってどんな方法?関連ページ

自毛植毛と人工毛植毛の違いは?
植毛には大きく分けて自毛植毛と人工毛植毛の2つがあります。実際、やるならどちらがよいのか?それぞれのメリット・デメリットをわかりやすく解説します。
植毛は高い?
植毛にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?具体的に詳しく解説します。
植毛は痛い?
植毛は痛いのでは?と考えて二の足を踏んでいる方も多いのでは?では、実際はどうなのか、具体的に説明します。
植毛と増毛の違いは?
植毛と増毛が混同されることがあります。ここでは両者の違いについてわかりやすく解説します。
女性でも植毛はできるの?
薄毛に悩む女性でも、植毛はできるのでしょうか?また、どんな注意点があるのでしょうか?具体的に解説します。

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤