更年期の薄毛対策は?

更年期の薄毛対策は?

女性の更年期には、1つの典型的な症状として薄毛・抜け毛がおきやすくなります。

 

では、更年期の薄毛・抜け毛には、どのように対処したらよいのでしょうか?

 

その点で、女性ホルモンであるエストロゲンの働きに注目する必要があります。

 

なぜなら、エストロゲンには毛髪を成長させる働きがあるのですが、そのエストロゲンが更年期に激減してしまうからです(詳細は「更年期障害と薄毛・抜け毛の関係」を参照)。

 

どのような対処法があるか

 

このような更年期障害による薄毛・抜け毛にはどのように対処したらよいでしょうか?

 

まずは生活習慣食生活を見直しましょう。

 

生活習慣としては有酸素運動が効果的です。特に、ウォーキングがお勧めです。

 

有酸素運動は(頭皮を含めた全身の)血行を良くしますし、更年期障害の症状を軽くします。

 

女性は特に冷え性の人が多く、血行不良は体の末端で起こりますので、頭皮も影響を受けやすいと言えます。

 

ですから、この点でウォーキングなどは有効です。

 

さらに、エストロゲンの低下はうつ症状を招くことがありますが、有酸素運動はうつ症状を緩和する働きもあります。

 

また、頭皮マッサージをサロンや自宅で行ってみるのはいかがでしょうか?

 

ほかにも、

 

  • シャンプー選びに気をつけて、髪と頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを選ぶこと
  • 効果的にストレスを発散するよう心がけること
  • 趣味など何かに情熱を向けること

 

なども更年期障害に対処する助け、ひいては薄毛への対策につながります。

 

食生活の改善も欠かせません!

 

食生活の面では、「イソフラボン」を積極的に取り入れましょう。

 

「イソフラボン」という名前を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか?

 

イソフラボンは、大豆や豆類に含まれている栄養素です。

 

イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをすると言われています。

 

ですから、このイソフラボンを摂取することによって、減っていくエストロゲンをいくらかでも補うことができます。

 

また、血行を良くするのを助けるビタミンEの摂取も、よいと言われています。

 

オリーブ油、ナッツ類、玄米、胡麻には多く含まれていますので、先ほどのイソフラボンと合わせて積極的に食事に取り入れてみましょう。

 

有効な治療薬はあるの?

 

更年期の諸症状を改善するには、女性ホルモンであるエストロゲンを補充すればよいのですが、そうは簡単にいきません。

 

実際に更年期障害がひどい人に対して「ホルモン療法」はありますが、乳がんの発症の割合が高くなったり、シミや肌荒れがひどくなったり、太りやすくなるなどの副作用もあります。

 

では、薄毛・抜け毛にフォーカスすると、薬による治療法はあるでしょうか?

 

ミノキシジルは女性にも効果があることが証明されています。

 

女性用のミノキシジル配合薬として「リアップレディ」があります。

 

女性用の飲む育毛内服薬「パントガール」というものがあります。これらを併用して効果があらわれたという報告がたくさんあります。

 

最後に、現在注目されているのが、低出力レーザーによる治療です。副作用の心配なく、気になる部分に照射すれば1〜2ヶ月で効果が実感できるとのことです。

 

育毛サロンでは導入している店も増加していますし、個人でも買える値段になってきました。

 

抜け毛、薄毛に関する研究は日進月歩です。ですから、これからの輝かしい未来に希望を持って、くよくよしないことが一番ではないでしょうか?

 

関連情報:次はこちらへ!
女性の白髪:原因

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤