育毛剤が効かない理由

育毛剤が効かない3つの理由

育毛剤を使っているが効果が実感できない、という声が多く聞かれます。

 

育毛剤の効果には個人差があるものの、自分の症状に合わせて正しく使用しているのであれば遅かれ早かれ効果が現れるのが一般的です。

 

ここでは、育毛剤が効かない代表的な3つの理由を取り上げてみたいと思います。あなたの場合にどれが当てはまるか、調べてみてください。

 

1. .頭皮環境の悪化

頭皮環境が悪いと、育毛剤の効果は半減してしまいます。

 

荒れた土地に肥料をまいて作物を成長させようとしても効果がないのと同じです。

 

薄毛に悩んでいる方の80%は頭皮にトラブルを抱えていると言われていますので、頭皮環境の改善が必須です。

 

髪の毛を何日も洗わなかったりして、不衛生にしていると、頭皮の皮脂がたまり、頭皮のトラブルにつながります。

 

かといって洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーを使用していると頭皮の炎症につながります。

 

頭皮の炎症や、フケやかゆみがある場合には、アミノ酸系の育毛シャンプーを使うことをお勧めします。

 

育毛剤そのものが皮膚に合わない場合もあります。

 

育毛剤で頭皮の炎症が起こった場合は直ちに使用をやめて、皮膚科を受診することをお勧めします。

 

また、もちろん、育毛剤を使っているからといって、頭皮のケアを怠ったり、不規則な生活、食習慣を行っていては本末転倒です。

 

2. .栄養不足

 

頭皮の状態が良くない原因で考えられるのは、頭皮に栄養が行き届いていないことです。

 

食習慣が乱れると、栄養不足による抜け毛・薄毛の症状が増えます。

 

髪のための栄養分としては、タンパク質鉄分ミネラルビタミンEが必要ですから、これらを豊富に含んだ食事を心がけましょう。

 

 

※育毛のための成分を多く含んだサプリメントも発売されているので、育毛剤との併用を考えるのもよいでしょう。

 

 

そして、禁煙を心がけ、過度の飲酒も控えるようにしましょう。

 

タバコに含まれているニコチンは、血管を収縮する作用があるため、血液の循環が悪化してしまいます。

 

そうなると、頭皮や手や足などの身体の末端部分においては、血流の悪化は特に顕著になります。

 

頭皮の血流が悪くなると、毛根に必要な栄養素を運ぶことができなくなり、抜け毛や薄毛を引き起こしてしまう原因になるのです。

 

ですから、喫煙をしたまま育毛剤を使用しても十分な効果が期待できないと言えます。

 

また、過度の飲酒も、髪の毛を作る働きをするアミノ酸がアルコールの分解に使われてしまうため、抜け毛や、髪の毛に元気がなくなる原因になります。

 

 

3. 育毛剤の使用が短期間である

髪の毛が発毛し、脱毛するまでのサイクルをヘアサイクル(毛周期)と呼びます。

 

髪の毛は数ヶ月間かけて、成長期・退行期・休止期を繰り返しています。

 

脱毛や薄毛はこのヘアサイクルの乱れによって生じます。成長期に髪の毛が成長しきれないまま、退行期を迎え、休止期に達してしまうのです。

 

そして、休止期が長くなり、同じ毛穴からは髪の毛が生えなくなってしまいます。

 

育毛剤には、成長期の髪の毛の発育を助け、ヘアサイクルを正常な状態に戻す働きがあります。

 

でも、育毛剤の効果にかかわらず、退行期、休止期の髪はそのまま抜け落ちます。そのため、その時点で育毛剤の効果がないと判断し、使用をやめてしまう人が多いのです。

 

ですが、ヘアサイクルの周期からしても、育毛剤は最低でも半年は継続的に使用し、継続的に育毛に取り組んでいくことが大切です。

 

各育毛剤メーカーが、お試しセットや定期コースを提供しています。

 

お勧めなのは定期コースです。最初から割引価格で購入できますし、定期的に届けられるので買い忘れを防ぐことができます。

 

半年継続的に使用するなら特にお勧めです。

 

定期コースには、解約するまで何回かの購入が必要なところと、制限がない(1回目からでも解約できる)ところがありますので、よく調べて判断しましょう。

 

関連情報:次はこちらへ!
育毛剤の副作用

 

本当に満足度の高い育毛剤はコレ!
男性用育毛剤ランキングはこちら

 

女性向け育毛剤ランキングはこちら

 

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤