シャンプーのシリコンは悪なのか?

シャンプーのシリコンは悪なのか?

「ノンシリコンシャンプー」という名称はよく聞かれたことがあるのではないでしょうか?

 

「シリコン」が配合されているシャンプーは良くないため、ノンシリコンシャンプーなら安心だ、と思っている方も多いのではないかと思います。

 

実際、ノンシリコンを謳い文句にしているシャンプーはたくさんありますし、「ノンシリコンシャンプー」がシャンプー業界でももてはやされていたことは疑いありません。

 

シリコンとはどんなモノ?

 

そもそも「シリコン」とはどのような物質なのでしょうか?

 

ここで、シリコン(silicon)とシリコーン(silicone)は別のものであることを解説しておきます。

 

まず、シリコン(silicon)はケイ素(Si)のことで、元素の一種です。

 

岩石や土壌に広く存在しており、酸素に次いで地球上では多く存在しています。

 

シリコンは半導体の材料に使われます。

 

一方シリコーン(silicone)はケイ素樹脂といい、シリコンを含む高分子化合物です。

 

シリコーンは天然には自然界には存在しないもので、人間が作り出した物質です。

 

シャンプーに含まれているのは「シリコーン」のほうです。

 

ですから本来のところは「ノンシリコーンシャンプー」と言うべきなのですが、「シリコン」で名前が通ってしまっているのでここでも「シリコン」とします。

 

シリコンの性質は?

 

さて、シリコン(シリコーン)は化学的に非常に安定性が高く、耐熱性にも優れています。

 

200℃に熱しても壊れることがありません。

 

それで、シリコンはオイルとして伸びがよく、さらっとしてべたつかない特性を持っており、ティッシュペーパー、乳液、シャンプー、リンスに配合されています。

 

人の体に触れても安全な物質として認知されています。

 

シリコンは豊胸手術で入れる物質としても使用されています。

 

シリコンをシャンプーやコンディショナーに入れるのは髪の表面をコーティングし、滑らかな髪触りにする目的があります。

 

ダメージヘアーにはもってこいの成分なのです。

 

シャンプーの成分の中では、ジメチコン、ジメチコンコポリオール、フェニルトリメチコン、シクロメチコン、シロキなどと表示されています。

 

「メチコン」という名称があればシリコンだ、ということが分かります。

 

シリコンは頭皮に悪いって本当?

 

さて、シリコンは頭皮にはよくないのでしょうか?

 

ネットで検索しても、シリコンが頭皮に膜を張り、頭皮の呼吸や新陳代謝を妨げるので悪い、とまことしやかに語られています。

 

たとえシリコンにはコーティングする作用があり、頭皮に残ると良くないということがあるにしても、シャンプーの数分間では頭皮に膜を張ることは考えにくいことです。

 

しかも高級な乳液に使用されているシリコンにはお咎めなしで、シャンプー配合のシリコンを悪のように言うのはおかしな話です。

 

実際、シリコンの毒性というのは、国内外の研究で報告がありません。

 

それでシリコンは悪、ノンシリコンは善という考え方はシャンプー業界の宣伝文句に踊らされているとしか思えません。

 

ですからシリコンが入っていてもシャンプーとしては問題がないことを強調しておきたいと思います。

 

しかしながら、シャンプーとしての洗浄成分が粗悪であるにもかかわらず、シリコンを配合して表面的に良く見せかけているシャンプーもあることに注意すべきでしょう。

 

質の良いアミノ酸系シャンプーはほぼノンシリコンです。

 

ですから、シリコンはそれ自体が悪ではないものの、シリコンの優れた特性から、安価な洗浄力が強すぎるシャンプーに安易に配合されていることが多いので、注意しましょう。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
シャンプーで薄毛改善は無理?

 

育毛によいアミノ酸系シャンプーを選ぶなら!
男性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

女性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤