ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果と副作用

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の効果と副作用

ミノキシジルタブレットとは、薄毛関係の人たちからは「ミノタブ」と言われている内服型のミノキシジルです。

 

日本では無認可となっていますが、海外からの個人輸入で服用する人たちも増えています。

 

ノーマルなミノキシジルとどう違うの?

 

ミノキシジルリアップに代表されるように頭皮への塗り薬であり、最大で5%の濃度のものが販売されています。

 

塗り薬ですので、塗ったところにしか効き目はなく、塗りムラが出ることがあります。

 

頭皮にはバリア機能があるため、有効成分が浸透しづらく効き方が弱めなのが特徴です。

 

一方、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は内服薬ですので塗りムラの心配がなく、1日1〜2度内服するだけで、塗るタイプよりも強い効果を期待できます。

 

では単純にミノタブを使うべきなの?

 

では、ミノキシジルタブレットを服用したほうがいいじゃないか、となりますが、ここは慎重に考えるべき要素もあります。

 

実は、ミノキシジルタブレットは、世界で薄毛改善のために使用が許可されている国はありません。

 

では、海外輸入しているミノキシジルタブレットは何なのでしょうか?

 

それは、「高血圧改善」のための薬なのです。

 

ミノキシジルは、最初は高血圧改善のために開発された薬であり、臨床研究の途中で、発毛効果がわかったという経緯があります。

 

そのため、高血圧の薬よりも少ない濃度で塗り薬の薄毛改善薬として認可され、発売されるようになりました。

 

ですから、ミノキシジルタブレットを個人輸入するにしても、AGAクリニックで自由診療で処方してもらうにしても、高血圧の薬であることをきちんと理解して服用する必要があります。

 

高血圧の薬を飲んでいる人はミノキシジルタブレットを併用することはできません。

 

血圧を下げすぎてしまうからです。

 

さらに、低血圧気味の人も使用は危険です。

 

また、アルコールを飲んでいるときに服用するのも危険です。

 

アルコールもミノキシジルも血管拡張作用があるため、低血圧を起こす危険があるからです。

 

肝臓が悪い人にもお勧めできません。

 

体中の毛が濃くなる?

 

また、ミノキシジルタブレットを服用していると、頭皮だけではなく全体的に体毛が濃くなります。

 

内服薬ですので、頭皮だけ、という効き方はしないのです。

 

内服している人たちの使用感をネットで見ていると様々な感想がありますが、「動悸がするようになった」「むくみが出た」という感想もありました。

 

このように注意点が多いミノキシジルタブレットですが、発毛効果は強力なものがあります。

 

育毛剤というよりも発毛剤といったほうが良いほど効き目があるようです。

 

ですから、メリット・デメリットを良く考慮してミノキシジルタブレットを使うことをお勧めします。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
メディカルSMPって何?

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤