メディカルSMPって何?

メディカルSMPって何?

「メディカルSMP」・・あまり聞き慣れない言葉かもしれません。

 

「メディカルSMP」とは、欧米で話題になっている新しい薄毛改善ソリューションです。

 

イギリスで始まり10年の歴史を持つ薄毛治療方法ですが、日本ではまだ一般的になっていません。

 

しかし2016年以降、「メディカルSMP」の施術ができるクリニックも出てきており、TV番組でも紹介されたりしています。

 

今後、次世代の薄毛治療方法として広まっていくものと思われます。

 

メディカルSMPとは?

 

SMPとは、「Scalp Micro Pigmentation」の略で、Scalp=「頭皮」、Micro=「小さい」、Pigmentation=「染色」を表します。

 

つまり、SMPとは、針とインクを使い、頭皮に色素を注入し、毛根を「描く」ことで髪の毛が生えているように見せる医療技術です。

 

つまり、実際の髪の毛は生えていないわけですが、「生えているように見せる」ことができます。

 

これは、かつらウィッグ、育毛、増毛法とは異なる新しい薄毛治療のソリューションです。

 

タトゥー(刺青)との違い

 

針とインクを使い、頭皮に色素を注入する、ということはタトゥー(刺青)と原理は一緒ではないかと思われるかしれません。

 

確かにその通りです。

 

肌には角質層、表皮、真皮があります。

 

角質層、表皮は新陳代謝でフケや垢のような老廃物となり、新しく生まれ変わりますが、真皮は変わることがありません。

 

ですからタトゥー(刺青)のように真皮にインクを入れると、入れたものが落ちることはありません。

 

これはタトゥー(刺青)もメディカルSMPも同じです。

 

しかし、タトゥー(刺青)は体の装飾、ファッションを目的としているのに対して、メディカルSMPは薄毛治療を目的としており、使用する器具もインクも異なります。

 

タトゥー(刺青)を入れると就職などで不利になることがありますが、メディカルSMPは人に見分けられることはほとんどなく、薄毛治療のひとつとして理解してもらえる、との回答が都内某区役所からあったそうです。(http://m-smp.com/)

 

メディカルSMPで描くことができるのは点状の毛根になりますので、様々なヘアスタイルには対応できず、坊主頭、スキンヘッドのみになります。

 

メディカルSMPの気になる料金は?

 

メディカルSMPの料金はいくら位でしょうか?

 

メディカルSMPを実施している「表参道首藤クリニック」では以下のようになっています。

 

小さな範囲で気になる場所(※名刺半分大のサイズ)
1〜2回 100,000円〜150,000円

 

ヘアライン及びその周辺(M字部分等)(※名刺大のサイズ)分け目などの密度アップ
2回 150,000円〜250,000円

 

ヘアラインから後頭部にかけて
4〜5回 400,000円〜500,000円

 

より広範囲のヘアラインから後頭部
5〜6回 500,000円〜600,000円

 

全頭性円形脱毛
7〜9回 700,000円〜900,000円

 

関連情報:次はこちらへ!
メディカルSMPのメリット・デメリット

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤