高級アルコール系シャンプーの問題点

高級アルコール系シャンプーの問題点

高級アルコール系シャンプーの問題点については当サイトでも繰り返し説明していますが、このページではさらに詳しく取り上げたいと思います。

 

「高級」の意外な意味とは?

 

まず「高級アルコール系」シャンプーの「高級アルコール」という名称が気になりませんか?

 

「高級」というと値段が高い、グレードが高いという印象を受けますが、「高級アルコール」の「高級」にはそのような意味は含まれていません。

 

「高級アルコール」の「高級」とはアルコール分子中に、炭素が6つ以上含まれている状態を言います。

 

アルコール分子中に、炭素が5つ以下であれば「低級アルコール」となります。

 

高級アルコールは油性の性質があり、低級アルコールには水性の性質があります。

 

高級アルコールは泡立ちがよく、汚れをよく落とします。

 

ドラッグストアなどで安価に売られているシャンプーのほとんどがこの「高級アルコール系シャンプー」です。

 

高級アルコール系シャンプーのメリット

 

高級アルコール系シャンプーの最大のメリットと言えば、安価ですので「家計に優しい」ということです。

 

シャンプーは毎日使うものなので、できるだけコストが少ないほうが助かりますよね。

 

さらに少量で泡立ちもよく、洗浄力が強く、汚れを強力に落とします。

 

シリコンなどのコーティング剤が配合されているため、指通りがなめらかな仕上がりになります。

 

高級アルコール系シャンプーのデメリット

 

次に高級アルコール系シャンプーのデメリットです。

 

洗浄力が強いため、必要以上に皮脂を取り去ります。頭皮への刺激が強く頭皮に負担をかけます。

 

乾燥肌の人は、頭皮が乾燥して頭皮のバリア機能が失われ、肌荒れになってしまいます。

 

オイリー肌の人は、頭皮がさらに皮脂を分泌してしまい毛穴を塞いでしまいます。

 

ですから薄毛、抜け毛の問題の全くない人はともかく、薄毛、抜け毛対策をしたい人にとってはお勧めできるシャンプーではありません。

 

どのようにシャンプーを見分けるの?

 

高級アルコール系シャンプーはどのようにして見分けられるでしょうか?

 

まず値段が安いので、1000円以下のシャンプーはまず高級アルコール系と思って間違いはないでしょう。

 

シャンプーの裏側に記載されている成分表に「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」という表記がある場合、高級アルコール系シャンプーということができます。

 

ラウリル硫酸ナトリウム(sodium lauryl sulfate, SLS)は避けたほうが良いという動きが広まっており、ラウリル硫酸ナトリウムを使用しない、つまりSLSフリーを謳っているシャンプーも発売されています。

 

そのようなシャンプーはやや洗浄力がマイルドな「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」を使用していますが、やはり頭皮への刺激はある程度あります。

 

薄毛、抜け毛を気にしている人は高級アルコール系シャンプーを避け、低刺激で洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーを使用することをお勧めします。

 

関連情報:次はこちらへ!
リンスやコンディショナーは必要か

 

育毛によいアミノ酸系シャンプーを選ぶなら!
男性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

女性用育毛シャンプーランキングはこちら

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤