育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーの成分

育毛シャンプーの成分にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ここでは、アミノ酸系シャンプーに含まれる成分のうち、界面活性剤(洗浄成分)以外の育毛成分について、表でご説明します。

 

以下の10種類に主に分けられ、多くの天然由来成分が含まれているのが分かります。

成分の種類 働き 成分名
男性ホルモン抑制 脱毛の原因をブロック キナエキス、オオバナサルスベリエキス、オウゴンエキス、ソウハクヒ、シモツケソウエキス、エチニルエストラジオール、スピロノラクトン、オキセンドロン、ジエチルスチルベストロール、冬虫夏草エキス、フラボステロン、エストラジオール
血管拡張 頭皮の血行促進

エビネエキス、サンザシエキス、トウキエキス、酢酸トコフェノール(ビタミンE誘導体)、ローヤルゼリーエキス、ニコチン酸アミド、グルコシルヘスペリジン、チョウジエキス、チンピエキス、クジンエキス、ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス)、ジオウエキス、アルニカエキス(アルニカ花エキス)、カミツレエキス、ゴボウ根エキス、ニコチン酸ベンジル、ニンジンエキス、トウキンセンカ花エキス、オランダガラシエキス、ニンニクエキス、ブラセンタエキス、イラクサエキス、塩化カルプロニウム、クジンエキス、セファランチン、センブリエキス、ビタミンE、トウガラシチンキ、ショウガエキスなど

栄養補給 頭皮細胞の活性化、ビタミン不足の補給 ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)、亜鉛、アセチルメチオニン、イノシトール、システィン、セリン、ワレモコウエキス、CTP、ポリリン酸、ケラチン、ヨウ化ニンニクエキス、ユッカグラウカ根エキス、ヒバマタエキス、BCAA、発酵エキス
脂質除去 皮脂分泌を抑制する ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)、カシュウ、イオウ、チオキソロン、褐藻エキス(一部)、海藻類エキス(一部)、ユニトリエノールなど
保湿 頭皮の水分保持 アロエ抽出液、オトギリソウエキス、海藻エキス、キトフィルマー、キナエキス、ゼニアオイエキス、ピロリドンカルボン酸ナトリウム、ピロリドンカルボン酸、ヒアルロン酸、オタネニンジンエキス、みかんエキス、ユズエキス、アルテア抽出液、ワレモコウエキス 、サンザシエキス、イチョウ葉エキス、昆布エキス、BG、米ヌカエキス、ヒオウギエキス、ジオウエキス、キナエキス、マツエキス、オドリコソウ花エキス、スギナエキス、ヒバマタエキス、オオウメガサソウ葉エキス、植物オイル(保湿用)、コメヌカスフィンゴ糖脂質など
消炎 肌の炎症を抑える、かゆみ予防 塩酸ジフェンヒドラミン、グリチルリチン酸2K、ラウレス-9、アラントイン、エビネエキス、ユーカリエキス 、トウガラシチンキ、カンゾウエキス、チンピエキス、ボタンエキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキス、クララエキス、アルニカエキス(アルニカ花エキス)、オドリコソウエキス、ローズマリーエキス、カミツレエキス、サクラ葉抽出液、アロエベラエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、セージ葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ドクダミエキス、スギナエキス、月見草エキス、紫根エキス、ブッソウゲ葉エキス、オウゴンエキスなど
頭皮代謝活性化剤 皮膚呼吸の酵素を活性化 パントテント酸(パンテノール)、クロレラエキス、クロロフィル、ヒノキチオール、サンザシエキス、酵母エキス(一部)、トウニンエキス、ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス)、セイヨウアカマツ球果エキス、ユッカグラウカ根エキスなど
抗菌・殺菌 皮脂を栄養とする微生物の活動を抑制する イソプロピルメチルフェノール、L-メントール
角質溶解 角質を膨潤させてフケを予防する サリチル酸、レゾルシン、乳酸、エビネエキス、ヨクイニンエキス、トレハロース、ホップエキス
抗酸化 毛穴の酸化、活性酸素を抑制 ワレモコウエキス、エイジツエキス、ニコチン酸アミド、オタネニンジンエキス、ザクロエキス、イヌラクリスモイデエキスなど

 

 

関連情報:次はこちらへ!
発毛を促す成分とは?

 

育毛によいシャンプーを選ぶなら!
男性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

女性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤