育毛シャンプーは頭皮を洗うモノ

育毛シャンプーは頭皮を洗うモノです

「シャンプーってどこを洗うものでしょう?」

 

という質問をされたとします。さてどう答えるでしょうか?

 

たいていの人は、「決まっているでしょ!髪以外のどこを洗うんですか?」

 

と答えるのではないかと思います。

 

はい。たしかに。

 

シャンプーはもちろん髪の毛を洗うものです。

 

しかし、それと同時に「頭皮」を洗うものでもあります。

 

育毛シャンプーは特に、頭皮を洗うことに重きが置かれています。

 

頭皮を洗うのが大切なのはなぜ?

 

頭皮は髪の毛が生える土壌ですから、頭皮をきちんとケアすることは健やかな髪の成長につながります。

 

まず頭皮を清潔にし、血流を良くすることが大切です。

 

ドラッグストアで安価に売られている、いわゆる「高級アルコール系」のシャンプーは洗浄力が強く、頭皮の汚れを落とすのには効果的なシャンプーですが、そこには落とし穴が・・・

 

実は、頭皮が本来必要とする皮脂まで取り去ってしまうのです。

 

そのため、頭皮が乾燥し、髪の毛が生える土壌を荒らしてしまうことになりかねません。

 

ですから育毛を考えている方なら、育毛をサポートする育毛シャンプーを使うことをおすすめします。

 

そして、声を大にして言いたいのは、髪の健康は頭皮の健康から始まる、ということ。

 

育毛シャンプーと健康な頭皮とのカンケイ

 

では、育毛シャンプーにはどのように頭皮にとって良い成分が入っているのでしょうか?

 

まずは洗浄剤(界面活性剤)で、シャンプーのキモというべき成分です。

 

界面活性剤は油を分離させて水で洗い流せるもので、洗剤や石鹸の主要な成分です。

 

洗浄剤には様々なものがありますが、その中でアミノ酸系を使っている育毛シャンプーをおすすめします。

 

逆に「ラウレス・・」「ラウリル・・」「硫酸」などの名前があるものは、まず避けたほうが賢明です。

 

これらは前述の「高級アルコール系」シャンプーであり、洗浄剤の刺激が強く、頭皮を乾燥させ、炎症を起こしやすくし荒らしてしまいますので、育毛シャンプーとは言えません。

 

一方、アミノ酸系シャンプーは「ココイル・・」「ラウロイル・・」といった成分が洗浄剤です。

 

これらの洗浄成分(界面活性剤)は、シャンプーの裏側に書かれている成分表に「水」の次に書かれていますので、注意して見るようにしましょう。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
育毛シャンプーの効果

 

育毛によいシャンプーを選ぶなら!
男性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

女性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

 

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤