界面活性剤って悪いもの?

界面活性剤って悪いもの?

界面活性剤と言うと、どんなものを思い浮かべるでしょうか?

 

界面活性剤=悪いもので、何か体に有害で避けるべき成分なのでは?と考える方もいるかもしれません。

 

でも、実際のところ界面活性剤は誤解されているところがあります。

 

界面活性剤の働き

 

界面活性剤とは何かと言うと、本来混ざり合わない「水」と「油」を混ぜ合わせるもので、さまざまな場面で利用されています。

 

具体的な効果としては、汚れとくっつくという洗浄効果、また、水溶性成分と油脂をくっつけて乳化させる働きがあります。

 

シャンプーに界面活性剤が使われているのは、頭皮や髪の汚れを洗い流すためです。

 

つまり、シャンプーの洗浄成分は、イコール界面活性剤であると言うことができます。

 

かつては石油系界面活性剤という、フロアや車を洗浄するときに使用されるような強い洗浄力のあるものがシャンプーにも使われていました。

 

でも、肌にダメージを与え、しかも体内に蓄積される危険な成分であることが分かり、シャンプーには使用されなくなりました。

 

現在のシャンプーで使用されている界面活性剤は?

 

現在のシャンプーは、動物性、植物性の油脂から作られた界面活性剤を使用した「高級アルコール系」シャンプーが全体の8割を占めています。

 

「高級アルコール系」シャンプーはココナッツオイルやヤシ油などが原料ですので、天然成分と言えます。

 

洗浄力は強力で、洗った後のサッパリ感がありますが、頭皮の皮脂を落としすぎるため皮膚のバリア機能を低下させ、肌荒れ、アトピー、抜け毛、薄毛の原因になるとも言われています。

 

石鹸系の界面活性剤もあります。

 

これは高級アルコール系よりは洗浄力は強力ではなく髪や頭皮へのダメージは少ないのですが、成分がアルカリ性であるため、弱酸性の髪を洗うと髪がきしむといった問題があります。

 

そのため、それを中和させるリンスが必要になります。

 

アミノ酸系の界面活性剤

 

最後に、アミノ酸系のシャンプー(多くの育毛シャンプー)は界面活性剤にアミノ酸系のものが使用されています。

 

洗浄力はそれほど強力ではありませんが、頭皮や髪と同じ成分で作られていますので、もっとも髪や地肌に優しいシャンプーといえます。

 

ただし、値段は高級アルコール系や石鹸系のシャンプーに比べるとかなり割高になります。

 

このように、界面活性剤そのものは、シャンプーになくてはならないものです。

 

ですが、その種類や強さを十分理解した上で使用することが大切です。

 

そして値段は張りますが、髪と頭皮に与える影響を考えると、アミノ酸系シャンプーを使用することをお勧めします。

 

 

※髪のことを考えるならまずはアミノ酸系の育毛シャンプーを!
男性向け育毛シャンプーランキングはこちら

 

女性向け育毛シャンプーランキングはこちら

 

 

関連情報:次はこちらへ!
美容室で使っているシャンプー(サロンシャンプー)ってどう?

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤