妊娠中の薄毛・抜け毛

妊娠中の薄毛・抜け毛

妊娠中は、黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれる女性ホルモンの働きが活発になりますので、髪の毛に関しては成長が促進されます。

 

ですから、一般的には髪の毛が増え、抜け毛や薄毛は減少する、とされています。

 

ホルモンバランスの変化による薄毛・抜け毛

 

しかしながら、黄体ホルモンの増加によるホルモンバランスの変化によりヘアサイクルが乱れることはあります。

 

具体的には、発毛から抜け毛までの期間が短くなる、という可能性があります。

 

また、妊娠中はお腹の赤ちゃんへ栄養を送り続けているため、髪の毛の育成まで栄養が行き渡らず、抜け毛、薄毛に進行することもあります。

 

出産後の抜け毛・薄毛

 

出産後は、活発だった女性ホルモンの分泌が通常に戻るため、一時的に抜け毛・薄毛が増えることがあります。

 

これを「産後脱毛」といいます。

 

一般的には産後半年で抜け毛や薄毛は解消され、元に戻る場合がほとんどですが、高齢出産であった場合や、出産後の体調不良やストレスなどで抜け毛が続くこともあります。

 

妊娠中・出産後の抜け毛・薄毛はホルモンバランスに起因する一時的なものですので、心配はいりませんが、症状がひどい場合は医師に相談するようにしましょう。

 

育毛剤や育毛サプリメントは?

 

妊娠中に薄毛がみられる場合、どのような対策ができるでしょうか?

 

お腹の赤ちゃんに影響を及ぼさないため、できるだけ育毛剤や育毛サプリメントは避けたいものです。

 

育毛剤や育毛サプリメントに含まれる成分が胎児にとって良いものであるか良くないものであるか、はっきりしないものも少なくありません。

 

ぜひ行いたい抜け毛・薄毛対策

 

ではほかに妊娠中の抜け毛・薄毛対策はあるでしょうか?

 

ひとつは、頭皮環境を整えることです。

 

頭皮にたまった皮脂は発毛を妨げますので、シャンプー選びをきちんと行いましょう。

 

育毛シャンプーと呼ばれるものは多少値段が張りますが、アミノ酸成分、天然由来成分を主としており頭皮に優しく、頭皮の乾燥も防ぐことができます。

 

もうひとつは毎日の食事から栄養をバランスよく、しっかり取ることです。

 

妊娠中はどうしても食欲がなくなる時期がありますが、できるだけバランスの良い食事を心がけましょう。

 

葉酸の働きに注目!

 

さらに、妊娠中、とりわけ妊娠初期に摂取するように勧められているのが「葉酸」です。

 

葉酸は水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種で、胎児の脳や神経の発達に大きな役割を果たします。

 

医師より葉酸をサプリで摂るよう勧められる方も多く、葉酸の重要性は認知されています。

 

実はこの葉酸、抜け毛・薄毛にも効果があると言われています。

 

水溶性ビタミンは髪の毛の元となるタンパク質の生成を促進します。また免疫力を高め、血行を良くしますので頭皮周りの環境改善に役立ちます。

 

葉酸はその名の通りほうれん草などの葉野菜から摂取することができますが、妊娠期間中ですと通常よりも多く葉酸を摂取する必要があります。

 

ほうれん草ですとおよそ7束食べなければなりません。さらに、火を通すと葉酸は熱に弱く半分に減ってしまいます。

 

ですから、葉酸をすべて食事から摂取するのはなかなか大変なことです。

 

このためサプリを上手に使うのが良い方法です。1日0.4〜1.0mgを上限として葉酸をとるように心がけましょう。

 

もちろん、葉酸だけではなくすべての栄養素をバランスよく摂取することが大切です。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
更年期障害と薄毛・抜け毛の関係

 

一番人気の葉酸サプリ!妊娠中でも飲みやすい工夫がされています!
ベルタ葉酸サプリ 公式サイトはこちら

 

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤