夏場の髪の紫外線対策

夏場の髪の紫外線対策

太陽の光が強くなる春から夏にかけては紫外線対策が最も必要な時期です。お肌の紫外線対策がバッチリでも、髪の毛の紫外線対策はおろそかになりがちです。

 

そもそも、紫外線はなぜ体に良くないのでしょうか?紫外線を浴びるとなぜ髪の毛に良くないのでしょうか?

 

紫外線とは?

 

紫外線とは、太陽光線の一部ですが、英語では"ultraviolet"と呼ばれるため、一般にUVと呼ばれています。

 

紫外線は、波長が短く、エネルギーの高い光という特徴があります。紫外線は日焼けをお越し肌を痛め、シミやシワの原因となります。そして皮膚がんの原因となります。

 

紫外線が髪に有害な理由

 

髪の成分はタンパク質(アミノ酸)です(「髪のメカニズム」を参照)。紫外線を受けるとアミノ酸の結合部分が分解してしまうため、髪を覆うキューティクルがはがれて髪の内部が乾燥し、ダメージヘアの原因となります。

 

また、紫外線により、髪の内部にあるメラニンも分解してしまいます。そうすると髪の毛の色が赤茶けた色になってしまいます。このような現象は「光老化」とよばれ、紫外線を浴びる時間や強さに比例して起こります。

 

髪の毛は体のてっぺんにありますから、紫外線を最も受けやすい部分です。

 

特に注意が必要な時期と時間帯

 

5月から9月にかけては紫外線が強い時期ですので特に注意が必要です。

 

5月はまだ気温も暑くなく、屋外で気持ちよく過ごせる時期ですので、知らず知らずのうちに太陽光をたくさん浴びてしまう時期でもありますから、注意しましょう。

 

また、時間帯としては、11時から14時までが強いというデータが出ています。

 

紫外線のダメージから髪を守るには

 

では、髪の毛を紫外線のダメージから守るにはどうすればよいでしょうか?

 

まず、日傘や帽子で紫外線を防ぐようにしましょう。そして、お出かけ前にはUVカット効果のあるトリートメント剤をつけるのが良い方法です。

 

また、髪を洗った後にはイオンドライヤーで優しく乾かすのも良いと言われています。

 

レジャーで、海や山に行った時はどうでしょうか?

 

海で泳いで海水が髪についたままですと髪にとって良くありません。浸透圧で髪の内部の水分が外に出てしまい、髪の内部が乾燥してしまうからです。ですから、海から上がったらできるだけシャワーで海水を洗い流すようにしましょう。

 

山のような標高が高い場所では、紫外線もより強くなるため、UVカット効果のあるトリートメント剤をつけ、帽子をしっかりかぶるようにしましょう。

 

そして、暑い夏を乗り切ったら、「育毛の季節」である秋にしっかり髪をいたわってケアをしましょう。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
まつげの薄毛対策

 

※髪のダメージケアの第一歩は良いシャンプーから!
女性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤