ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは、当初高血圧の治療のための血管拡張剤として開発されました。

 

その後服用している患者から多毛症や脱毛症を改善させる効果が発見され、脱毛症の治療薬として転用されることになりました。

 

日本以外では「ロゲイン」という名称で販売されており、日本では1999年、大正製薬より「リアップ」シリーズとして販売されています。

 

ミノキシジルには頭皮の血管を拡張して血流をよくし、毛乳頭細胞を刺激して発毛を促す効果があります。

 

プロペシアのように男性ホルモンを抑制するという働きはしないため、女性も使用することができる発毛剤です。

 

また、プロペシアが服用する薬であるのに対し、ミノキシジルは頭皮に塗って使用する薬であるという違いがあります。

 

ミノキシジルの気になる副作用

 

ミノキシジルは元々高血圧治療のための開発された血管拡張薬ですので、副作用もあります。

 

たとえば、特に高血圧ではない人が使用すると低血圧になってしまう、といった症例です。

 

また頭皮の痒み、塗布箇所におけるニキビ、不整脈、性欲減退、多毛症といったケースもあります。

 

また、開発段階より循環器系の副作用も報告されています。

 

ミノキシジル使用による副作用が生じた場合はすぐに医師の診断を受けるようお勧めします。

 

ミノキシジル使用にあたっての注意点

 

「リアップ」シリーズは第一類医薬品であり、医師の処方箋なしでも買うことができます。

 

ただ、安全に使用するために薬剤師の説明及び、添付説明書を正しく読んで使用する、また既往症がある場合はきちんと薬剤師に伝えるといったことが重要です。

 

プロペシアが男性ホルモンの影響による発毛阻害をストップさせる効果があることから「守りの発毛剤」と呼ばれるのに対し、ミノキシジルは頭皮の血管を拡張して発毛を促すことから「攻めの発毛剤」と呼ばれています。

 

このように薬理作用が異なる2つの医薬品を同時に使用することによって抜け毛、薄毛の改善、発毛促進を期待できます。

 

使用するかどうかは個人の判断です

 

実際に証明された薬効を求めるのであれば、ミノキシジルは有効な手段になります。

 

ただ、「薬」と呼ばれるものには副作用は付き物ですから、それが怖いとお考えなら、「薬」ではない育毛用のサプリメントから始めてみるという方法もあります。

 

「薬効」という意味では、実際に証明されてはいなくても、髪によいとされる多くの成分を配合したサプリメントも多数発売されています。

 

それらの中には大変人気があり、評価も高い商品もありますので、試してみるのもよいでしょう。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
その他の抜け毛・薄毛対策

 

副作用が怖いのでまずは育毛サプリメントを検討したいという方は
男性向け育毛サプリメントランキング

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤