ドライヤーの正しい使い方

ドライヤーの正しい使い方

このページでは、シャンプー後の、ドライヤーの正しい使い方をご説明したいと思います。

 

ドライヤーの使用は髪にとって良くないという意見もあります。そのまま自然乾燥したほうが良いという意見です。

 

自然乾燥のほうがよい?

 

確かに、ドライヤーの熱は髪にダメージを与えます。

 

それを考えると、(季節にもよりますが)髪が短い人であれば15分ほどで乾くので、それであれば自然乾燥でも問題ありません。

 

しかし、もし髪を乾かさないまま寝てしまったりすると、寝ている状態で髪がお互いに擦れてしまい、ダメージヘアの原因となります。

 

濡れた髪の毛はキューティクルが開いており、その状態で摩擦が発生すると髪の毛にとっては良くないのです。

 

ちょうど髪の毛は濡れた段ボールのようで、表面がすぐにはがれてしまいます。

 

そうなると、せっかく育毛シャンプーを使って髪をいたわっていても、何にもなりません。

 

また、髪が濡れたままだと細菌や臭いの発生する原因にもなりますから、注意が必要です。

 

ですから、髪を洗ったら正しい方法でドライヤーをかけて乾かすのが一番よいといえます。

 

ドライヤーで髪を乾かす正しい方法

 

では、ドライヤーで髪を乾かす正しい方法をご説明します。

 

まず髪を洗った後は、タオルで水気を拭き取ります。

 

その際に、タオルを髪の毛にこすりつけるのではなく、タオルで髪の毛を挟むようにして軽くたたき、水気を取るのが良いでしょう。

 

髪がまだ湿った状態では髪が絡んだり引っ張られたりしますので、櫛を使うことはお勧めできません。目の粗いブラシで髪をとかすようにしましょう。

 

その後、ドライヤーを20cmほど離してかけていきます。髪を持ち上げるようにして根本からかけていきます。

 

キューティクルの流れが根本から毛先になりますので、それに沿ってかける方がよいのです。

 

根本からかけると、中間部分も自然に乾いていきます。ドライヤーが一箇所に当たるのを避けるため、細かく左右に振りながらかけると良いでしょう。

 

最後の仕上げ

 

8割ほど乾いたら、ドライヤーを冷風に切り替えて髪をヘアブラシや櫛で整えていきます。

 

冷風にするとキューティクルが閉まります。その後温風に切り替えて最後の仕上げをします。

 

美容師の方に聞いても、たいてい上記のような答えが帰ってくると思います。

 

では、正しいドライヤーの使い方を覚えて、健康な髪を維持しましょう。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
薄毛対策になる正しい頭皮マッサージの方法

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤