よくある増毛法は薄毛が進むって本当?

よくある増毛法は薄毛が進むって本当?

増毛すると薄毛になってしまう・・そんなことってあるのでしょうか?

 

ここで「育毛」ではなくて「増毛」と言っていることに注目してください。

 

「増毛」というのは一般的に人工的に髪を増やすことを指します。

 

つまり、頭皮の髪が生える力に働きかける「育毛」とは異なり、人工的に髪を増やせる「増毛」は時間や労力をそれほどかけることなく、髪を増やすことができます。

 

増毛法については、有名なかつらメーカーが盛んにCMを流しているので、広く認知されています。

 

増毛法には、かつらだと抵抗がある人が試しやすいという一面があります。

 

増毛法の種類

 

増毛法は、主に3つあります。

 

紡毛式増毛法: 自分の髪に人工毛をくくりつけることによって、髪のボリュームを増やす方法。

 

編み込み式増毛法: 自毛に3本の糸を編み込んで髪全体に土台を作り、束にした人工毛を編み込んでいく方法。スヴェンソンが行う独自の増毛法。

 

接着式増毛法: 頭皮に膜を接着し、その上に人工毛を植毛する方法。地毛がなくても植毛でき、生え際なども見事に再現できる。

 

このような増毛法は、技術の進歩とともに、不自然に見えることなく増毛を実現していますが、基本的なデメリットとして、増毛法をすればするほど、薄毛が進んでいく可能性があるということです。

 

なぜ増毛法では薄毛が進むのか?

 

自分の髪に人工毛をくくりつける、人工毛を編み込む、という方法は自毛に負担をかけるので、抜けやすくなってしまいます。

 

特に薄毛で悩む人は毛根が弱い人が多く、このような増毛法で自毛に負担がかかり、抜け毛に拍車がかかってしまうことが多いようです。

 

そうなってしまうと、増毛法ではなくて本家本元の「かつら」のほうを勧められる羽目になってしまうこともあります。

 

かつらメーカーでは「増毛法」がダメならお客を「かつら」という流れに確実に誘導していきます。

 

接着式増毛法もまた、頭皮に膜を密着させる分、発毛、育毛の観点から良くありません。

 

さらに増毛法はメンテナンスに定期的に通う必要があり、お金もかかります。

 

スヴェンソンの編み込み式増毛法は1ヶ月間つけっぱなしで外れることを心配せずにアクティブに過ごせますが、自毛の方も伸びていきますので、1ヶ月に一回メンテナンスをして編み直しをする必要があります。

 

結論として、「増毛法」を行うと、薄毛が進む、という皮肉な結果になってしまうのは事実と言えるでしょう。

 

とは言え、育毛ではなくて増毛で良い、という人には良い選択肢なのではないかと思います。

 

やはり人の印象は「見た目」であると言われ、髪がある、ということで与えるイメージも違ってきますので。

 

関連情報:次はこちらへ!
ふりかけ式の増毛パウダーで薄毛対策

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤