ヘアケア用シャンプー

ヘアケア用シャンプー

髪の毛のダメージを修復するヘアケア成分と、頭皮をケアする成分とは両立できるのでしょうか?

 

シャンプーの成分の中にシリコンが入っていると、髪の毛の表面のキューティクルを覆う膜となり髪を保護します。枝毛をくっつけてくれる働きもします。

 

シリコンは即効性があり、傷んだ髪も数回のシャンプーで髪をつやつやにさせる効果があります。

 

ただし、シリコンは高級アルコール系シャンプーに多く含まれている合成界面活性剤とともに配合されている事が多いのが現状です。

 

合成界面活性剤は洗浄力が強いため、髪にも頭皮にもダメージを与えることが多いのですが、シリコンを配合すると髪へのダメージを軽減できるためかなり重宝されています。しかもシリコン自体に危険性があるわけではありません。

 

シリコン配合の落とし穴

 

しかしながら、シリコンの使用には落とし穴があります。

 

シリコンは、髪の毛のほかに、頭皮の毛穴にも膜を張ってしまうことになり、頭皮の健康にはよくありません。

 

最近、このようなイメージが広まったこともあり、髪に良いというイメージがある「ノンシリコン」というシャンプーのことをよく耳にします。

 

でも、シリコン未使用でも、シリコンよりも強くて頭皮のダメージも大きい「コーティング剤」が入っていることもありますので、「ノンシリコン」イコール良いシャンプーではないことを知っておくことが大切です。

 

そうしますと、「無添加」という言葉がキーワードとして出てきます。無添加で、アミノ酸系100%のシャンプーであれば、ヘアケアと頭皮のスキンケアを同時に行うことが可能です。

 

値段は高くなってしまいますが、かつての「髪はなが〜い友だち」というキャッチフレーズにもあるように、髪を長く良い状態にキープするためにも、良いシャンプーを選びたいものです。

 

その意味で、アミノ酸系の「育毛シャンプー」として売られている商品を選ぶのがよいでしょう。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
髪のハリ・コシをよみがえらせるシャンプー

 

※女性のヘアケアの第一歩は良いシャンプー選びから!
女性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤