逆に育毛に良くないシャンプーとは?

逆に育毛に良くないシャンプーとは?

育毛に良いシャンプーについて考えていますが、逆に育毛に良くないシャンプーとは何かということを理解すれば、自ずと育毛に良いシャンプーを選ぶ方向に進むのではないかと思います。

 

育毛に良くないシャンプーとはどんなシャンプーでしょうか?

 

安いのは注意しよう

 

それは一言で言って「安い」シャンプーのことです。

 

「安い」というのはどんな価格帯でしょうか?

 

いわゆる1000円以下のドラッグストア等で売っているシャンプーのことです。

 

シャンプーにとって一番大切なことはどんな洗浄成分を使っているか、ということです。

 

安いシャンプーのほとんどは「高級アルコール系」といって、洗浄成分はラウリル硫酸Na、ラウリス硫酸Naなどで、泡立ちがよく洗浄力が高いのですが、頭皮への負担が大きく、頭皮の皮脂を取り過ぎて頭皮の乾燥や炎症を引き起こします。

 

ですから育毛に良くないシャンプーとは安価に売られている高級アルコール系のシャンプーといえます。

 

高級アルコール系シャンプーはテレビコマーシャルでいかにも洗い上がリが優しいシャンプーとして宣伝されていますが、それはイメージ戦略であって、実際には髪や頭皮を気にする人にとっては避けたほうが良いシャンプーです。

 

どんな洗浄成分を使っているかはシャンプーの全成分表で確認するようにしましょう。

 

全成分表を見れば成分はごまかせません。

 

石鹸系なら安心ですか?

 

石鹸系のシャンプーはどうでしょうか。

 

石鹸にも優しいイメージがあるでしょう。

 

洗浄成分は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどで、洗浄力は高いものの、刺激はそれほど強くありません

 

昔ながらのものですが、敏感肌な人やアレルギー肌の人にも愛用する人々も多いです。

 

しかしながら石鹸系のシャンプーはアルカリ性であるため、弱酸性の髪の毛が洗ったあとにごわつきやきしみが生じます。

 

そのため、弱酸性のコンディショナーが必要になります。

 

石鹸成分は頭皮に残りやすいのも特徴で、頭皮に残ってしまうと頭皮にも良くありません。

 

このように考えると低刺激のシャンプーこそが育毛に良いシャンプーといえます。

 

低刺激のシャンプーとは

 

それはどんなシャンプーなのでしょうか?それは「アミノ酸系シャンプー」です。

 

洗浄成分がアミノ酸系なので低刺激で頭皮や髪にとって優しいのです。

 

加えて育毛成分も入っていれば立派な育毛シャンプーです。

 

残念ながらアミノ酸系シャンプーは値段が高くなってしまいますが、頭皮に気を使っている人なら選ぶべきシャンプーでしょう。

 

育毛シャンプーはアミノ酸系シャンプーから選びましょう。

 

 

関連情報:次はこちらへ!
スカルプDは買うべき商品か?

 

育毛によいシャンプーを選ぶなら!
男性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

女性用育毛シャンプーランキングはこちら

 

 

注目の商品!

当サイト人気ページ

当サイト人気育毛剤


男性の髪の悩み 女性の髪の悩み 男性向け育毛シャンプー 男性向け育毛剤 女性向け育毛シャンプー 女性向け育毛剤